ダンスシーンの無い、異色の社交ダンス漫画
よろよろ!社交ダンス。
~永禄大学附属病院・社交舞踏研究会

KARTE-41:
もしかして、僕って天才!?
このサイトは、佐藤秀峰(著)の「ブラックジャックによろしく」を、二次利用しています。
トップ
ページ
に戻る
この話(KARTE-41)
を読む
(説明)
index
.html
(1)
part1
.html
(2)
part2
.html
(3)
part3
.html
(4)
part4
.html
(5)
part5
.html
(6)
part6
.html
(7)
part7
.html

トップページに戻る
■ あらすじ(summary)
カラダの使い方のタイプによって、腕の使い方が変わる。
社交ダンスでダンスパーティで、多くの人と楽しく踊りたい。自分と違うタイプの人と、楽しく踊るためには、どうすればよいか?

斉藤英二郎は、誠同病院の院長、服部脩のところに相談に行く。

そこで言われた言葉、
「人混みに向かってクルマを突っ込めば、普通の人間は逃げるだろう」
「世の中には、普通じゃないバカがいる。そのバカは、二本の腕を使って、突っ込んでくるクルマを受け止めようとする」
「君は、社交ダンスで、同じことをしようとしている!」

■ かいせつ(commentary)
社交ダンスには、踊りやすい人と、踊りにくい人がいる。
ダンスパーティで、「踊りたい人」と「踊りたくない人」がいるのも、これと深い関係がある。

掌(てのひら)や足の裏の「パワーライン」が変われば、背中の使い方が変わり、結果的に踊りが「劇的」に変わる。

ならば、意識的に「パワーライン」を変化させてやれば、タイプの違う相手と楽しく踊ることが出来るだろう・・・という話なのですが、実際はどうでしょうか?

■ あるご(algorithm)
前回は、誠同病院の院長による、股関節の上に立つ「Hタイプ」と、膝と足首を使う「Kタイプ」の分類。
今回は、これに「クロスタイプ」と「パラレルタイプ」という分類を加えている。

廣戸聡一氏の「4スタンス理論」の「A1/A2/B1/B2」に相当するものを、こちらでは「Kc/Kp/Hp/Hc」として説明しており、社交ダンスでは「クロスとパラレルを切り替えながら踊る」としているところがポイント。

日本の社交ダンスでは、掌(てのひら)や足の裏の使い方について語られることは「皆無」と言っていい。
社交ダンスを教える側は、これらを「生徒に教えない」。
「教える必要など、まったくない!」ということなのだろうか?
それとも、掌や足の裏の使い方が変わっても、踊りには全く影響しないと考えているのだろうか?

ここでは、社交ダンスの基礎であるナチュラルターンにおける4種類の「パワーライン」の変化を、詳しく説明している。
掌(てのひら)や足の裏の使い方が変われば、踊りが「劇的」に変わる・・・・と。

■ 登場人物

服部 脩

以前、斉藤英二郎が当直のアルバイトをしていた「誠同病院」の医院長。

トップページに戻る


トップ
ページ
に戻る
この続きを読む
(1)
part1.html
(説明)
index
.html
(1)
part1
.html
(2)
part2
.html
(3)
part3
.html
(4)
part4
.html
(5)
part5
.html
(6)
part6
.html
(7)
part7
.html

 管理人へのメールみらくるダンス.comみらくる・らぼ