ダンスシーンの無い、異色の社交ダンス漫画
よろよろ!社交ダンス。
~永禄大学附属病院・社交舞踏研究会

KARTE-22:
僕は、違うと思います!
このサイトは、佐藤秀峰(著)の「ブラックジャックによろしく」を、二次利用しています。
トップ
ページ
に戻る
この話(KARTE-22)
を読む
(説明)
index
.html
(1)
part1
.html
(2)
part2
.html
(3)
part3
.html
(4)
part4
.html
(5)
part5
.html
(6)
part6
.html
(7)
part7
.html

トップページに戻る
■ あらすじ(summary)
斉藤英二郎が担当する患者、宮村和男。
心臓手術が必要だが成功する可能性は極めて低い。

休憩中に見かけた赤城カオリの知り合いが、心臓外科医をやっているという。
名前は北三郎、どこの大学の医局にも属さず、自分の腕一つで生きてきた手術のプロで、一年間にこなすバイパス手術の数は 250件。
宮村和夫は、北三郎の手術を受けるために、永大病院を退院していく。

ダンスの話としては、赤城カオリ「右足前進から始まる3つのフィガーの違い」を斉藤英二郎に説明。

宮村和夫と、「プロ教師免許」を持つ心臓外科チームのトップ、藤井義也との間の会話のやりとりがある。

■ かいせつ(commentary)
右足前進から始まる3つのフィガー。
クローズド・チェンジ(ワルツ)、ナチュラル・ターン(ワルツ)、フェザー・ステップ(スローフォックストロット)
この3つは、どこが違うのか?
どうやったら、踊り分けることが出来るのか?

斉藤英二郎いわく「こんなの簡単だよ」・・・と言ってみたのはいいけれど、「ビル・アービンのホールド」で同じ事をやってみると、動くことさえも出来なくなる。

なんなんだ、これは・・・。

■ あるご(algorithm)
日本の社交ダンスでは、クローズドチェンジや、ボックスは、「支え足の上にボディを置いて、膝と足首の屈伸で、横方向へ蹴っ飛ばす」のが常識となってます。
果たしてそれは正しいのか?
ダンスを教える側は、「床を蹴ることが正しい踊り」という「絶対的な自信」があるから、生徒にそれを教えるのであろう。

ビル・アービンのホールド(両腕を斜め前、てのひら下向き)で同じ事をすると、激しくバランスを崩して、横方向に蹴ることが出来なくなる。
それでも、「床を蹴ることが正しい踊り」と言えるのだろうか?
ダンスを教える側に対して、「Yes/No」で答えて貰う、超!簡単なアルゴリズム。

「社交ダンスのプロ教師免許」は、正しい踊りをする指導者に与えられるのだから、「プロ教師免許を持っている我々の踊りは、すべてにおいて絶対的に正しいのである」というアルゴリズムは、ほんとうに成り立つのであろうか?

■ 登場人物

藤井 義也

永禄大学附属病院、心臓外科医の教授。

原作(ブラよろ)では、「手術は年数回しか行っておらず、金と女と権力が大好きで、医者というより政治家に近い」という設定。
ここ(よろよろ)では、「社交舞踏研究会・心臓外科チーム」のトップという設定にしています。

トップページに戻る


トップ
ページ
に戻る
この続きを読む
(1)
part1.html
(説明)
index
.html
(1)
part1
.html
(2)
part2
.html
(3)
part3
.html
(4)
part4
.html
(5)
part5
.html
(6)
part6
.html
(7)
part7
.html

 管理人へのメールみらくるダンス.comみらくる・らぼ