ダンスシーンの無い、異色の社交ダンス漫画
よろよろ!社交ダンス。
~永禄大学附属病院・社交舞踏研究会

KARTE-02:
不思議な「からくり」
このサイトは、佐藤秀峰(著)の「ブラックジャックによろしく」を、二次利用しています。
トップ
ページ
に戻る
この話(KARTE-02)
を読む
(説明)
index
.html
(1)
part1
.html
(2)
part2
.html
(3)
part3
.html
(4)
part4
.html
(5)
part5
.html
(6)
part6
.html

トップページに戻る
■ あらすじ(summary)
今回のクイズは、社交ダンスのホールド作りに潜む「不思議なからくり」。
左手が「ブレ」ないように固定させる方法には2種類ある。


どちらの方法でも、左腕の「ブレ」は止まり、親指の向きは同じになる。
カラダ全体が崩れなくなり、安定した踊りをすることができるようになる。

しかしながら、左腕の作り方を変えれば、ボディ全体の動きも変わる。

ならば「どちらの左腕の使い方が、正しい左腕の使い方なのか?」というクイズ。

もちろん、「社交ダンスは足で踊るものだから、どんな左腕の使い方をしても、踊り方はまったく変わらない」という答えを出すのもOKです。

■ かいせつ(commentary)
このサイトのテーマは「社交ダンスのカラダの動きは、大きく分けて2つある」。

自分では、なかなか気づかない「左腕の使い方」である。

何年も社交ダンスを踊っている(ダンスの練習をしている)と、左腕を含めたホールドが安定してくる。
これは、「左腕の使い方のタイプ」が決まってくるということでもある。

■ あるご(algorithm)
社交ダンスのレクチャーにおいて、「左腕の使い方」が取り上げられることは「皆無」と言っていい。

実際には、ダンスを上達する過程で、「正しい」とされる「カラダの使い方」や「足の動かし方」の指導を受けているうちに、「左腕の使い方が、おのずと決まってくる」というのが正解。

従って、指導者(先生)が要求するカラダの動きを取得するためには、先生の「左腕の使い方」を把握し、先生と同じ「左腕の使い方」をすることが、上達の近道だと言える。

ホントかな?

■ 登場人物

安富 良之

永禄大学附属病院の初老の小児科医。
常に笑顔を絶やさない斉藤の指導医。

顔は、慶應義塾大学の医学博士、向井万起男さんに酷似している。

トップページに戻る


トップ
ページ
に戻る
この続きを読む
(1)
part1.html
(説明)
index
.html
(1)
part1
.html
(2)
part2
.html
(3)
part3
.html
(4)
part4
.html
(5)
part5
.html
(6)
part6
.html

 管理人へのメールみらくるダンス.comみらくる・らぼ