ダンスシーンの無い、異色の社交ダンス漫画
よろよろ!社交ダンス。
~永禄大学附属病院・社交舞踏研究会
title:
「よろよろ!社交ダンス。」について
このサイトは、佐藤秀峰(著)の「ブラックジャックによろしく」を、二次利用しています。
トップページに戻る
■ 「よろよろ!社交ダンス」について
この作品は、佐藤秀峰(著)「ブラックジャックによろしく」を二次利用しています。

原作の舞台である「永禄大学附属病院」に、架空の「社交舞踏研究会」を作り、「多くの登場人物が、主人公に社交ダンスの知識を教える」という設定に仕立ています。

原作にダンスシーンはありませんので、必然的に、この作品は「ダンスシーンの無い、異色の社交ダンス漫画」という形になります。

各話ともに、話には「あらすじ」「かいせつ」「あるご」という「3つの要素」を持たせています。

■ あらすじ(summary)作品全体の話の展開
永大病院の研修医になった主人公、斉藤英二郎は、社交舞踏研究会で、社交ダンスを始めます。そこで、多くの登場人物と接しながら、「社交ダンスのカラダの動きは、大きくわけて2種類ある」ことを学びます。

「社交ダンスのカラダの動き」を学んでいくうち、「自分と違うタイプとは踊れない」という「ペアダンス」ならではの大きな壁にぶつかり、その解決策を模索していく・・・という展開です。

■ かいせつ(commentary)作品全体の解説
社交ダンスは、腕を持ち上げて肘を固定した状態で踊ります。

ここで面白いのは、姿勢(ホールド)に厳しい制約を掛けることで「2種類のカラダの動きの違い」が「明確にあらわれてくる」ということです。。
社交ダンスを通じて「人間のカラダの動きの違い」を把握することは、「他のスポーツにおけるカラダの動き」の研究にも役に立つと思われます。

■ あるご(algorithm)作品全体のアルゴリズム
「社交ダンスを教える立場」の人に対して、いくつかの「アルゴリズムを仕掛けてます。

話の中で展開される「明らかに動きの違いが存在する」とする主張を、認めるか? 認めないか? 認めるけれども無視(黙殺)するか?
教える側の先生方に、是非とも、意見を聞いてみたい!という趣向でのアルゴリズム。

「生徒のカラダの動きのタイプ」を把握べきなのか、全員に同じ指導をするべきなのか、そもそも「カラダの動きは、みんな同じ」なのか?
教える側が、どのように生徒に接していくか? とても興味があります。

トップページに戻る