ダンスシーンの無い、異色の社交ダンス漫画
よろよろ!社交ダンス。
~永禄大学附属病院・社交舞踏研究会

KARTE-46:
はじめの一歩!その前に…
このサイトは、佐藤秀峰(著)の「ブラックジャックによろしく」を、二次利用しています。
トップ
ページ
に戻る
この話(KARTE-46)
を読む
(説明)
index
.html
(1)
part1
.html
(2)
part2
.html
(3)
part3
.html
(4)
part4
.html
(5)
part5
.html

トップページに戻る
■ あらすじ(summary)
斉藤英二郎は、「高砂先生は、足の裏のパワーラインの切り替え方法とか、知ってますか?」と切り出すところから、話が始まる。
高砂春夫は、すかさず「そんなの出来るヤツ、教師免許を持ってるヤツでも、ほとんどいねぇぞ!」と切り返す。

「ワザというのは、習うモノではない! 盗むモノだ」
「社交ダンスは、女の先生の僅かな動きの変化、僅かな掌の握り具合を、見逃さずに読み取る」
と高砂春夫は主張する。

周囲に「女の先生」がいない斉藤英二郎は、いったい、どういう行動を取るのだろうか?

■ かいせつ(commentary)
「パワーライン」という言葉は、廣戸聡一氏の「4スタンス理論」に出てくる言葉。社交ダンスの先生は「知らなくて当然」なのである。

増してや、日本の社交ダンスの教え方は「踊り方を統一している」ため、「4スタンス理論」の考えがそのものが「究極のタブー」となる。

さらには、「パワーライン」の「クロス」と「パラレル」を切り替えるという発想は、「4スタンス理論」にも存在しない。
社交ダンスの婦戸の先生は、こんなものを「知ってるはずが無い」のであって、もしも、知っている先生がいるとすれば、多くの人が理解出来るように説明すべきである。

■ あるご(algorithm)
足の裏の土踏まずと、掌(てのひら)の変化で、背中の使い方を変えるという発想。
日本の社交ダンスでは、まったく・・・というか、聞いた事がありません。

しかしながら、社交ダンスの踊り方の中には、「クロスモード」を前提とした解説と、「パラレルモード」を前提した解説が混在しているように思われます。
さらに言うなら、外国人のレクチャーDVDなどでは、ベースになってるのが「Hイプ(股関節の上に立つ)」なのか「Kタイプ(膝と足首の屈伸を使う)」なのかの「見極め」も必要になる。

これらを区別せずに、「自分のカラダの使い方は、あらゆる場面で、絶対的に正しいのだ!」という前提で、レクチャーDVDなどを見ていても、「講師が伝えるべく、レクチャーの本質が掴めない可能性がある」という場合もあり得るかと思われます。

もっとも、「初心者から老人、世界チャンピオンまで、世界中のダンサーのカラダの使い方の基礎は、全く同じ」だとするならば、そんな心配は無用なのですが、果たして、そう言い切れるかどうか?
最終的は、単純なアルゴリズムに収束していきます。

■ 登場人物

皆川 由紀子

永禄大学附属病院、NICU(新生児集中治療室)の看護師。

トップページに戻る


トップ
ページ
に戻る
この続きを読む
(1)
part1.html
(説明)
index
.html
(1)
part1
.html
(2)
part2
.html
(3)
part3
.html
(4)
part4
.html
(5)
part5
.html

 管理人へのメールみらくるダンス.comみらくる・らぼ