ダンスシーンの無い、異色の社交ダンス漫画
よろよろ!社交ダンス。
~永禄大学附属病院・社交舞踏研究会

KARTE-45:
「正しい」と判断する時
このサイトは、佐藤秀峰(著)の「ブラックジャックによろしく」を、二次利用しています。
トップ
ページ
に戻る
この話(KARTE-45)
を読む
(説明)
index
.html
(1)
part1
.html
(2)
part2
.html
(3)
part3
.html
(4)
part4
.html

トップページに戻る
■ あらすじ(summary)
高砂春夫は、斉藤英二郎に質問する。
「右回りのナチュラルターンは、なぜナチュラルターンと言うのか?」
斉藤英二郎は、自分の知識・自分の踊りの中から答えを見つけて説明する。
「正解は?」と高砂に聞くが、高砂は「正解」を知らないのであった。

■ かいせつ(commentary)
社交ダンスでは、右回り・左回りのターンを、ライト・ターン/レフト・ターンとは言わない。
ナチュラル系、リバース系という表現が用いられる。

ナチュラル系とリバース系は、本質的に、どこがどう違うのか!?

踵(ヒール)を踏み込みながら階段を上るときに「足の裏に右まわりの回転が生ずる」の現象から、「右まわりが自然な回転方向になる」という推測が出てくるのだが、果たしてこれが「正解」だろうか?

■ あるご(algorithm)
ダンスを教える側は、生徒に質問されることを想定して「回答」を用意しておいた方がいいかもしれない。

「社交ダンスのカラダの使い方は、大きく分けて2つある」という前提が正しければ、ナチュラルターンの踊り方、カラダの使い方によって異なった「回答」が出てくることになる。
ダンスを教える側が説明するであろう「回答」は、「自分の踊り方が絶対的に正しい」という大前提の元での「回答」となる。

■ 登場人物

高砂 春夫

永禄大学附属病院、NICU(新生児集中治療室)の医師。
仕事中は「オシメ」をかぶっているが、この話ではかぶってない。

原作(ブラよろ)のドラマ版では、 笑福亭鶴瓶が演じている。

トップページに戻る


トップ
ページ
に戻る
この続きを読む
(1)
part1.html
(説明)
index
.html
(1)
part1
.html
(2)
part2
.html
(3)
part3
.html
(4)
part4
.html

 管理人へのメールみらくるダンス.comみらくる・らぼ