ダンスシーンの無い、異色の社交ダンス漫画
よろよろ!社交ダンス。
~永禄大学附属病院・社交舞踏研究会

KARTE-31:
「両足を揃えて立つ」ために!
このサイトは、佐藤秀峰(著)の「ブラックジャックによろしく」を、二次利用しています。
トップ
ページ
に戻る
この話(KARTE-31)
を読む
(説明)
index
.html
(1)
part1
.html
(2)
part2
.html
(3)
part3
.html
(4)
part4
.html
(5)
part5
.html

トップページに戻る
■ あらすじ(summary)
社交ダンスは、両足の向きを揃えて立つ。
ふだん「V字型に足を開いて立つ人」にとって、両足を揃えることは「内股」を意味する。とても窮屈な立ち方である。
疑問をもった斉藤英二郎は、赤城カオリに相談して、「開脚姿勢から、腕を使って足の向きを変える」方法の存在を知る。

ある日、斉藤と同期の研修医、道場久善は、心臓外科チーム・藤井先生の社交ダンスの指導におけるストレスから、過食症になり永大病院を辞めていく。
いったい、心臓外科チームの社交ダンスの指導のどこに、問題があったのだろうか?

辞めるな、道場! 負けるな、道場!
斉藤は、国分寺にある道場久善の実家へ向かうのであった。

■ かいせつ(commentary)
社交ダンスでは、初心者の頃から「両足を綺麗に揃える」ことが重要視される。

社交ダンスの基本が「両足を開く・両足を閉じる」の反復運動だとして捉えた場合、「両足を閉じた時に、綺麗に足を揃える」ことは基本中の基本なのであり、「綺麗に足が揃わない人」は問答無用で「不適格」となるのである。

では、肘の位置が定まらず、腕がグラグラ動く、初心者の段階で「両足を綺麗に揃える」ことが出来るようになるには、どういう練習方法が有効か?

■ あるご(algorithm)
両足を揃えるとき、「開脚姿勢から、腕を使って、足の向きを変える」という方法がある。
「両足が揃えばOK」というのであれば、「膝を引き締める」方法でも、「腕を使って足の向きを変える」方法でも、どちらでも良いはずである。

多くの人は、普段「爪先をV字型に開いた姿勢」で立っている。
両足を閉じるとき、膝を引き締めて「内股」にして両足を揃えるか、一旦開脚にして「腕で足の向きを変える」かによって、腕の使い方が違ってくる。

社交ダンスを教える側は、どちらを選ぶか?
日本では何故か、まったく「話題にらない」、二者択一の単純なアルゴリズムである。

■ 登場人物

道場 久善

斉藤英二郎と同期の研修医。

永禄大学附属病院、第一内科(循環器内科)に所属。

トップページに戻る


トップ
ページ
に戻る
この続きを読む
(1)
part1.html
(説明)
index
.html
(1)
part1
.html
(2)
part2
.html
(3)
part3
.html
(4)
part4
.html
(5)
part5
.html

 管理人へのメールみらくるダンス.comみらくる・らぼ